忍者ブログ
AdminWriteComment
聖雅学院の生徒達による、何気ない日常を綴った日誌です。
No.
2017/07/23 (Sun) 05:36:32

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.251
2008/12/10 (Wed) 15:00:00

ヨン

アニョハセ「ヨン」

って、サービストークをしている場合では無い…!(怒)
ヨンだ。



一体、この学院はどうなっているんだ…!

入った瞬間、運動会。
終わった瞬間、期末テスト。

俺 は 何 時 勉 強 し ま し た か ね …!?(怒怒怒)

…全く馬鹿馬鹿しい…
こんな学院のテストなど、適当に終わらせてやろう…


……
…………

…って…

明らかに適当に終わらせられるレベルの出題内容ではないんだが…!?

……orz……

くそ…
くそ、くそ!!!

俺だって知っていればもう少しまともに出来るんだ…!!!

うぬれ~…!!!
休み時間の間に1点でもとってやる!!!

(※猛勉強)

…ふっ…

今回は比較的簡単だった。
……ヤマがあたったってだけってのもあるが……

イクウォル
「どうだ?ヨン。出来たか(にこ)」

出た…大魔王…
テスト中に堂々と話しかけてくるあたり、強烈な奴だ。

ヨン
「出来たに決まっている」

イクウォル
「そうか?ならば見せてみろ」

ヨン
「馬鹿な…!何故俺が貴様にカンニングをさせてやらにゃならんのだ」

イクウォル
「カンニング?…いやいや…このテストの引っ掛けにまんまとかかってないか、チェックしてやろうと思っただけさ」

ヨン
「引っ掛け…?」

イクウォル
「先程のテストと比べて、今回のテストはどうだ?簡単じゃなかったか?
おかしいとは思わないか?先程はあんなに難しかったテストが、今回そんなに簡単に解ける訳が無い。
そう思わないか?」

ヨン
「…簡単なのには、何か罠が隠されていると…???」

イクウォル
「(にこ)俺の方がこの学院の手口には慣れている。テスト用紙を貸してみろ」

ヨン
「………」

学院も、この大魔王も信用ならなかったが、確かに言われた内容は気になったので、奴に自分の用紙を手渡した。

まぁ、カンニングくらいされても、俺には全く関係ないからな。
出来ていないものをカンニングもするまい。
逆にカンニングされれば、それが正しかったのだろう。

大魔王に手渡して、すぐに終了のチャイムが鳴った。

…かわいそうに、写す時間も無かったろう…

イクウォル
「1つ間違いがあったから訂正してやったぞ」

大魔王が用紙をかえして来た。
間違い…???
どこだ

用紙をチェックする。
しかし、訂正された箇所は見当たらない。

そうしているうちに、先生が用紙を回収して行く。


ヨン
「間違いを訂正したと言っていたが、何処の話だったんだ」

気になった俺は、帰り際に大魔王に聞いた。
すると奴はこう答えた。

イクウォル
「一番初めに書く、一番上の場所。
確か…こう書かれていたっけな…「ヨン・ドルゥア」と」

不適に微笑む。


まさか…!!!?

イクウォル
「正しく「イクウォル・アダマス」と書き換えてやったぞ(笑)
安心しろ。俺の持っていた、真っ白で新しい用紙には、正しく「ヨン・ドロゥア」と記しておいてやったからな」

晴れやかに笑い、大魔王は去っていった。

……

完全にやられた………!!!

ぐぅ……↓↓↓
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[254]  [253]  [252]  [248]  [247]  [251]  [250]  [246]  [249]  [245]  [244
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アンケート
ブログ内検索
最新コメント
カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
聖雅学院
HP:
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]