忍者ブログ
AdminWriteComment
聖雅学院の生徒達による、何気ない日常を綴った日誌です。
No.
2017/12/17 (Sun) 11:18:19

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.393
2009/07/01 (Wed) 12:33:25

カワド


…薔薇のトンネルを抜けると、あの場所に出るんだ…

そこには、天国のような、きらめく花畑が広がっていて、

黒い女の子と、白い男の子が、僕の事を待っている。


勉強が嫌いだった僕は、良く屋敷を抜け出して、彼女らに会いにいったっけ。
頭が悪くて、何時も人の顔色を見てへらへら笑っているだけの、無様な僕を、彼女らは心待ちにしてくれていたんだ。


……今日も、おやつのクッキーを3枚ポケットに忍ばせる。

薔薇のトンネルを抜ければ、そこに広がるのは僕達だけの秘密の楽園なんだ!!!




………



薔薇のトンネルを抜けると、そこには花畑が広がっている。
草の緑や花々の赤や黄色が、眩しく輝くその花畑。


これは、昔に戻ったのか……


ならば…目の前に居る、あの子供らは…


オッドアイの少年
「さぁさぁ!今からこの1つしかないクッキーを、魔法のハンカチーフにて、増やして差し上げましょう!」


黒い少女
「わくわくわく…!!!」


白い少年
「……(どきどきどき!!!)」


オッドアイの少年が手に持つクッキーを見つめる観客は2人。

少年はポケットから真っ白なレースのハンカチを取り出すと、ふわりとクッキーを掴む手を隠すように、それを覆い被せる。

そして、呪文を唱えるように意味不明な言葉を呟き続ける、オッドアイの少年。
それが酷くユーモラスな口調で、目の前の観客達は、くすくすと笑みをこぼすのだった。

そうしているうちに、少年はぴたりとハンカチの下で動かしていた手を止める。
一瞬の沈黙。

観客が、ごくりとつばを飲む。


オッドアイの少年
「はい!!!」


少年が、ハンカチを大きくはためかせ空にほおり投げた。


すると、ハンカチの中から現れた少年の掌には、抱えきれないほどのクッキーや飴玉が、握られていた。


黒い少女
「すごーーーーーい!!!凄い凄い凄い!!!♪」

白い少年
「…わぁ…(目キラキラキラ)」


目を輝かせ、喜ぶ2人の観客に、満足そうに笑みを浮かべるオッドアイの少年。


オッドアイの少年
「じゃあ、お菓子が沢山出てきたところで、ティータイムにするとしましょうか?(にこ)」


空に投げたハンカチのを広げ、その上に、手の中から現れた、抱えきれないお菓子を広げ、楽しそうに微笑みあう3人の子供達。


その姿を遠めで見ていた俺は、思わず小さく苦笑する。


そうか……
俺はあんなに手品が下手くそだったのか……


目の前で繰り広げられたショーの出来栄えに、恥かしさすら覚える…。
子供の目は騙せるのかも知れないが、自分から見たら、タネも仕掛けもバレバレだった…。
飴玉が1つ、ポケットから零れたのも見えた。


あんなショーでも、目の前の観客はあんなに喜んでくれていたのだな…


思わず目を伏せ、感傷に浸るように、思いを馳せる…。



その時だった。
子供らが、俺の存在に気がついたようだ…。

慌てて身を寄せる3人。

オッドアイの少年…幼少の自分は、かばうように他の2人の前に出てきたが、どんどんと後ずさりをしている。

…見ず知らずの俺の事怖いが、2人の手前格好はつけたいようだ…
……なんとも格好悪い…(苦笑)


黒い少女
「貴方、誰…???」

一番初めに口を開いたのは、紅一点の黒い少女だった。


オッドアイの少年
「ジュ…ジュノ!(汗)むやみに話かけたら危ないよ!!(汗あせ)」


黒い少女
「でも…あ、あの人ロイと一緒でオッドアイよ!色も一緒ね」


少女は、俺を指差す。
ロイ…オッドアイの少年と俺が、同じ目の色なのを、不思議に思った様子だった。



オッドアイの少年
「そ、そうだね…(汗)でも、あまり知らない人には話しかけない方が…(汗あせ)」


黒い少女
「ロイと一緒の綺麗な目だもの。きっと悪い人じゃないわ。
ユニファイもそう思うでしょ?」


白い少年
「……(黒い少女を見た後、カワドを見る)」


ユニファイと呼ばれた、この中で一番幼いであろう白い少年は、黒い少女の後ろからこちらを見つめる。
彼女が言うように、白い少年は、こちらを悪い人間と判断していないようだ…。アメジストの瞳は怯えた色をしていない…。

元々彼は人見知りだったし、物静かだったから、何を言うでもなかったが…


黒い少女
「ねぇ、貴方はだぁれ?何処から来たの???」


オッドアイの少年
「ジュノ…!!!(汗汗あせ!)」


黒い少女…ジュノの問いかけと、腰がひけまくっている情けないオッドアイの少年…自分の態度に、思わず苦笑する。

自分は誰か…???
そうだな……


カワド
「俺は、時空を越えてきた異世界の旅人…。
家に帰りたいのだが道がわからない…。

誰か、カードを持ってやしないか???

それがあれば帰れるんだが…」


自己紹介のついでに、丁寧にお辞儀をすると、3人はつられたように丁寧にお辞儀を返す。
そして、3人はひそひそと話し合い、キョロキョロあたりを見回そだそた。

しばしそうしているうちに、たまたまポケットに手を入れた少年の自分が、驚いたように声を上げる。


オッドアイの少年
「いつの間にか、カードがポケットに…!!!」


驚愕の出来事に目を白黒させる。
驚きすぎて、いつか腰でもぬかしそうである…(苦笑)

カードを発見し、ジュノは嬉しそうに微笑むと、少年の俺からカードを受け取り、今の俺の元へ持ってきてくれた。


黒い少女
「はいどうぞ。このカードかしら。
無事にお家に帰れそうで、良かった!」


嬉しそうに微笑をくれるジュノ。
それが眩しくて、思わず目を細める。


カワド
「ああ…有難う…これで帰れる……」


黒い少女
「はい!長旅できっと、疲れてるでしょう?
この飴、1つあげる!!!ロイが魔法で増やしてくれた、魔法の飴玉よ!これを食べたら元気になるわよ!(にこ)」


ジュノが、明るい笑顔と共に、手を差し出す。
そこには、小さな飴玉が1つのっている。

優しいジュノ…。
懐かしくて、胸が締め付けられるような気がした…。

小さなジュノの掌から、飴玉を受け取る。


カワド
「有難う…これで旅の疲れも癒えそうだ…(微笑)

……お別れに、俺から出来るせめてものプレゼントを……」


今受け取った、飴玉を空に投げる。

高く宙を舞う飴玉。
それに被せるように、素早く脱いだ上着を空にはためかせてみせる。


すると、輝くように、空から無数の飴玉が降り注いできた。


3人
「わあああぁぁぁぁ……!!!」


子供達が、感嘆の声を上げ、空を仰ぐ。

どうだ…?
今の俺の手品も、少しは喜んでもらえただろうか…(笑)


ジュノから貰った飴玉が、手の中に落ちてくる。
それを口に含み、3人の様子を眺める。

3人は「飴の雨」に、酷く喜んでいるようだった。
はしゃいで、騒いで、微笑みあう。



それは、幸せな光景……



………


俺は、そのまま姿を消し、学院へと帰り着く。

良い夢を見たような気分だった…。

幸せなような、胸が苦しいような…
不思議な感覚…


そう、それは、
今口の中にある、飴玉の淡い甘みのような……



………

PR
No.377
2009/06/10 (Wed) 11:02:33

カワド

カワドだ…

今日の授業内容は「おでん」らしい…

……
………

何ですか?それ…(滝汗)



この前から、授業の内容がどんどんおかしくなっているような気がする…

あれか…
一人の生徒が、この日誌にも書いていたように、
「学院がつまらない」と言ったからかもしれない……

……
学院長らは学院を面白くしようと、懸命な努力をしているのかもしれない…

そう思うと偉いような気もするが、どう考えても的外れな努力であろう…


……
………


ちょっと…可哀想に思えてきたな…(涙)


しかし…
授業が「おでん」とはなんだろう…

まぁ、良い予感はしない訳だが…


先生
「さぁ!今日の授業はみんなで、面白く「おでん」を食べる練習だ☆
2人羽織で、如何に面白くおでんを食べれるようになるよう、特訓だぞ!」


……
………


ああ…なるほど…
リアクション芸って奴か…

「おでん」を面白く食べれないと芸人としては、致命的だからな…


……
………


…って、



 わしら芸人じゃないやろ☆ (ノリツッコミ←棒読み)



……
色々ツッコむポイントは存在するが、あえて言うと…
おでん芸は王道を通り越して、古いのでは…???(滝汗)


…そんなわけで…

皆の意見の一致により、早退する事となった……(滝汗)



この学院は…
何処へ向かっているのか…(ため息)
No.341
2009/04/17 (Fri) 14:24:43

カワド

カワドだ……
昨日の出来事の続きを話す事とする…


昨日、寝癖で頭が軽そうな変な服装のオレンジ色の侍が、珍しく俺に話しかけてきた…

話を聞くと、ルイージとアカギがロシアン饅頭なるものを作ったらしく、クラスの全員に回さなくてはならないと言う事らしい…

…こういう話に、拒否権が発生しないあたりがこのクラスらしいと思う…(滝汗)
全員強制参加…仕方ないから俺も食わねばならない…


ボリス
「モアイならヨユーだろ♪」

…何がだ…?

赤木
「あら!やだ☆次はカワドさんなの♪」

ルイージ
「本当!?楽しみ☆期待してまっす♪」

…何を期待…??

そうこうしているうちにギャラリーが集まってきた…
皆の羨望の眼差しが、こちらに向かっている…

………

明らかに、俺が当たりを引くと……期待しているな……

……………(滝汗)
……止むをえん……覚悟を決めるとしよう…



ぱく

もぐもぐ

もぐもぐ……


………

………
………


…周りの目がキラキラと輝いている…
どうする…?ど、どうする……!!!??

…ふ
普通にうまいんだが…!!!!!???

ここは、あえて「ぐおぉおおお!!!!」とか言ってのたうち回るのが正しいのか!!!!?

つ、辛い…
当たったのにいっそ辛い…!!!

俺は今、激辛餡が非常に恋しいぞ…!!!





不穏な静寂があたりを包む。
皆が、その空気に気がつきだした…
静かなざわめき…

皆、興ざめ?か…?
お、俺のせいデスカ…???


………………(滝汗)


ブライヤ
「なんだYO、モアイちゃん当りカー。面白く無いね(笑)」

誰より先にブライヤがそう口を開き、俺の後ろから饅頭に手を伸ばし口にほおり込む。
…早急に話を変えて頂き、助かります…(滝汗)

ブライヤ
「お、美味いw流石マツモト、当りだね♪
ほい、ヒロも喰いな。あーん」

浩紀
「え?俺甘いモン好きじゃねんだけど(苦笑)」

ブライヤが隣に居た浩紀の口に、無造作に選んだ饅頭をほおり込む。

ブライヤ
「甘いモン好きじゃねぇなら、唐辛子餡だとラッキーなんじゃねぇの?(笑)」

浩紀
「そうかも…(もぐもぐ)

……(もぐもぐ)

!!!!!!!!!」

浩紀が口を押さえる。
みるみるうちに顔が赤くなっていくのが目に見えて分かる。

これは…もしや…???

ブライヤ
「あー!!!ヒロ、大・当・た・り☆★(爆笑)」

赤木&ルイージ
「おめでとうございまーーーす♪(ガランガランガラン♪)」

まるで、抽選に当たったかのように、ベルが高らかに鳴らされて、周囲からは祝福の拍手が上がる。

…お…鬼だ…皆…!!!!!

ボリス
「どう?どう?「世界最強唐辛子餡」の感想は★(ゲラゲラ)」

その辺にあったペンケースをマイクに見立てて、ボリスが浩紀にインタビュアーの真似事をする。
浩紀は、そのボリスの質問に答えようと口を開こうとしているようだが、どうやらそんな余裕が無いようだ。

地団駄を踏むようにウロウロしながら、目に涙を溜めて必死で口の中のものを飲み込もうとしている。
…ようだ…

が、限界を超えたのか、すぐさまトイレにダッシュして行ってしまった。

……か、可哀想すぎる……(滝汗)
こういう経験が俺にはいっそ心当りがありすぎて、浩紀の辛さが身にしみて伝わってくる…

…目頭が熱くなりそうだ…(苦)


皆、そんな浩紀の後ろ姿をゲラゲラ笑って見送る。
…又は哀れみの目で見つめているか、微笑ましく見守っているか…(滝汗)

サルビアなんかは
「浩紀さんがあたりですね~♪ぱちぱちぱち★」
とか無邪気にノンキなんですが…
どうなんだろう…(滝汗)
看護婦なんだから…もう少し体の心配とか…しないのか…???

ちなみに流石に生命の危機を感じたらしいスィベルが浩紀の後を追って行った(汗)スィベルは普通の医者の感覚でありがたい…

その後に俺もついて行ったが…
浩紀は、トイレの洗面所で泣いていた…(哀)

でも、どうやら饅頭は出さずに喰ったらしい…良くやるな…
いっそそれでスィベルには怒られていたが…

浩紀
「激辛ってか…激痛なんだけど…(涙)」

限界を超えてトイレの水を飲むやもしれんと思い、早急に茶を買ってきてやった浩紀が一番に口にした一言は、これだった……

……
ルイージとアカギ…
いつか無邪気に人を殺しそうだ…(滝汗)



………

さて、長くなってしまったが…
本日の浩紀は、どうやら胃を痛めているらしく、授業には出てきたものの、机の上に突っ伏している。
昨日からまともに飯を食ってないらしい…(痛)

可哀想過ぎて、いっそ俺が激辛餡にあたれば良かったと思う…(哀)



…そういえば、あたりは5つだが…
他は誰があたったのだろうか…???

今日は休みが多いみたいだが……

………
…………(汗)
No.321
2009/03/24 (Tue) 11:39:43

カワド


(アナウンスを聞いて目を丸くする)

……………
………


…そうだな…
俺は今まで色々な罪を犯してきた人間だ…

人を殺してもきたし、騙しても来た…

それは、自分が生きる為だったが…
沢山の、人としてしてはいけない事をしてきたと思う…


……

今、俺が死ねば沢山の人間が助かるだろう…
ならば…罪を抱える俺が、死ぬべきではないか…???

せめて…殺してきた人間の数のほんの一握りの数であったとしても…
人を救ってみせるべきではないのか…???


……………

………

そう…思っていたが…
きっとこの学院の皆は違う…

…誰かを踏み台にして…友達を犠牲にして、自分自身が生き残ろうとも…
誰も、心から喜べる人間など居ないのだ…

仲間を見殺しにして勝ち取った命などで…

幸せになれる人間など、1人も居ない…

俺は…ずっとこの学院に居て…
学院の皆はそんな人間達だと…そう信じている…



この学院では、この場所から生き残ろうとする人間が正義だ…
きっとみんなそう思っている…

………

だから俺は外に出る…

俺の意見は都合良く聞こえるか…???

そうだろうな…

俺は正義も悪も、どちらがどちらであったとしても…
学院の皆と、生きていたいと思うだろうからな……






【カワド Aドアより退室】
No.298
2009/02/18 (Wed) 15:18:43

カワド

カワドだ・・・

バレンタインデーを随分と過ぎてしまったが、まだバレンタインの話題ですまない・・・

1つ言わせて欲しい・・・

俺はバレンタインデーに、あの極楽鳥みたいな寝癖のライオンにチョコレートを恵んで貰わなくてはならないほど、悲しい思いをしてはいない・・・

それだけはとりあえず言わせてくれ・・・
変な勘違いをされても困るからな・・・(滝汗)

まぁ・・・確かに俺はそんな行事とは縁遠い男だ・・・
普通の人間と、気安く関わりにあいになれるような職業では無いからな・・・(ため息)

バレンタインの日。
クラスでは女子達が手作りのチョコレートを配って歩いている。

平和な光景だ・・・

血生臭い体の俺には、つくづく縁遠い世界だ・・・
そんな事をぼんやりと考えていた時だ・・・

「ちょこ、あげるでぃす」

足元に、小さな陰が現れた。
普通の人間より、小さな体と、大きくてふさふさとした耳・・・

ぽぽただ。

ぽぽた
「いっしょうけんめいつくったでぃす
かわどさん、あげるでぃす!」

薄く頬を染め、賢明に小さなな腕を伸ばして、手にしているチョコをこちらに差し出している。

その小さな手にある、小さなチョコレートは、ぽぽたの手作りのようだ。
俺に、受け取ってもらえるのだろうかと見上げる目は、光の加減なのか、きらきら潤んでいるように見える。

小さな体。
きれいな瞳。
一生懸命作ったチョコレート。

全てが、俺とは縁遠いもので、
それがすぐ側にある・・・

何か、少しくすぐったいような気持ちになった・・・

カワド
「ありがとう、ぽぽた・・・すまないな・・・」

そう言って、チョコをぽぽたの手から受け取る。
ぽぽたは嬉しそうに微笑んで「クラスのみんなの為に、サルビア達と一生懸命手作りしたのだ」と語ると、スキップするように、サルビア達の元へ走り去っていった。

その後ろ姿を見送りながら、つい薄く笑みがこぼれた・・・

チョコレート1つで、こんなにも穏やかな気持ちになることなど、そうそう無いだろうな・・・
本当に貴重な義理チョコを、貰う事が出来た・・・

そんな今年のバレンタインデーだった・・・
| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アンケート
ブログ内検索
最新コメント
カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
聖雅学院
HP:
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]