忍者ブログ
AdminWriteComment
聖雅学院の生徒達による、何気ない日常を綴った日誌です。
No.
2017/10/17 (Tue) 09:05:24

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.395
2009/07/07 (Tue) 14:57:53

ボリス

クエストで行き着いた先は、海賊船の甲板だった。
大勢の男たちが、豪快に酒を飲み交わしながらゲラゲラ笑っている。

・・・相変わらず下品な連中(笑)


ボリス
「おいおいおい、副船長様がお戻りになったのに挨拶もなしかよ?」

クルーA
「プジョー!!でっかくなりやしたね!昔は船で一番のチビだっ・・・!!」


言い終わる前に海へ投げ捨てる。


ボリス
「お前は太りすぎくね?(笑)」

クルーB
「腕はナマっていないようっすね。どれ俺も・・・!!」

クルーC
「みんなでフルボッコにして懸賞金を山分けだ!!!ぃやふー!!」


今まで飲んでいたクルー達が次々と飛び掛ってくる。
こいつら、俺に「長旅お疲れ様でした」って言葉の一つもねえのかよ!!(爆笑)


順番に海に投げ捨てると、奥で飲んでいた紅い帽子の男が立ち上がってこっちに歩いてきた。

ボリス
「やっと船長のお出ましか(笑)
 おいバツ、クルーの教育くらいきちんとしておけよ!」

バツ
「船長と呼べい!
 プジョーが帰って来るってな、話があったもんだからよぉ?皆で歓迎会してたんだわ!!」

ボリス
「あんたもプジョーって呼ぶなよ(笑)つか、在軍中に里帰りクエストとか、マジやばくね!?(笑)」


【プジョー】は、俺の船での名前。
ま、話せば長くなるんだけど、俺、実は海賊だったりして?(笑)
軍にはスパイとして潜入してるわけ。

学院の事だし、バレはしねーだろうけど無茶苦茶だな(ケラケラ)!


バツ
「まあまあまあ、こっち来て飲めや!!
 皆、お前が帰って来たのが嬉しくて海水浴に行っちまったがな!カッカッカ!!」

ボリス
「こんな馬鹿ばっかの船で、よく世界政府から逃げれてるな。マジで(笑 )」

バツ
「そりゃあ お前ぇ、船長が立派だからよ!」

ボリス
「俺がいなくなってすぐ死ぬかと思ってたけど?」

バツ
「バカヤロウ!!ガキが1匹いなくなったくらいで船が沈むかよ(笑)」

ボリス
「うわ、ムカつく。今度軍の上司にこの船の在りかを告知しとくわ(笑)」

バツ
「そりはダミだよー!!?」


そんな馬鹿みたいな話でしばらく盛り上がった。
クルー達も海から上がってきて、久しぶりに全員で飲んで飲んだw

やっぱりこいつ等、馬鹿ばっかでウケる(笑)



何時間かそのまま酒盛りが続いて、少し落ち着いた頃、
船長が帽子の鍔からカードを取り出してきた。

バツ
「ほらよ、カード。」

ボリス
「あ?ああ、そうそうこれ」

バツ
「・・・・・・なあプジョー、学院はどうだ?」

ボリス
「は?何?いきなり」

バツ
「楽しいか?」

ボリス
「(笑)まぁね。スゲー奴ばっかで呆れっぱなしだけど?何?」

バツ
「いや、ならいい!」

ボリス
「わけわかんねーし(笑)」

バツ
「ほれ、さっさと仲間の所へ帰りやがれ!!あ!次に来る時には酒と綺麗なお姉ちゃんでも手土産に持って来いや!(ニカ)」

ボリス
「いいけど?でも船長より俺の方が良いって言われるぜ?」

バツ
「黙って帰らっしゃい!!」

ボリス
「(ケラケラ)じゃあな!」


クルー達も口々に「さよなら」とか「死ぬなよ」とか言いながら手を振る。
それに答えて、軽く手を上げると周りが白い霧に包まれて、俺は学院に戻って来た。



今回のクエストで、久しぶりにあいつらに会ったな・・・
つか、今頃飲みすぎて吐いてるんじゃね(笑)?


思い出したら笑いがこみ上げてくる。



今度は、こっちの仲間を連れて行くかな(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [390]  [389]  [393]  [392
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アンケート
ブログ内検索
最新コメント
カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
聖雅学院
HP:
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]