忍者ブログ
AdminWriteComment
聖雅学院の生徒達による、何気ない日常を綴った日誌です。
No.
2017/12/19 (Tue) 05:40:51

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.224
2008/11/05 (Wed) 23:58:25

イクウォル


イクウォルだ。
運動会も、すでに後半戦と言ったところ。

我々黒チームは、他チームに比べ、一点の穴も無く、全体的に高レベルによるバランスの取れたチームである。

負ける?
この俺がか?

馬鹿な(笑)

……………

一点の問題を挙げるならば、あの……赤のメンツだ。
臭い糞ジジイ共が、しゃしゃり出てきて、非常に目障りだ。

問題…いや、ただあの老い耄れ共が目障りなだけ。
我らにとって、あれが何の問題となると言うわけではあるまい。

……………

運動会など、ただの戯言。
せめて、楽しまなくては損と言うもの。
余裕を持って、高見の見物とさせて頂くとしようか(にこ)

丁度今は騎馬戦だ。
俺が、我がチームのはちまきを手にする。

さて、悠々と騎馬戦の見物でも(笑)

城から見下ろす景色。
城下では、生徒共が虫ケラのように、蠢いている。

無様に落城する組もあれば、多くの栄光(はちまき)を手にする組も存在する。

それに、一喜一憂する多くの人々。
喜びも、悔しさも、そこには存在する。

我が城は、静けさを称えていた。

まるで、外の情景から、切り離されたかのように。

窓の外から、城の中へ目を戻した。
カフィーと目が合う。

ウザくらしい、黒く深い目が、真っ直ぐこちらを向いている。
その色を目の当たりにするだけで、腹が立って、思わず腹の底から笑いが零れた。

貴様も同じか?
俺の思いと。


エトワス
「準備は完璧ヨー♪」

ルクパト
「お城の外も、中も、防御は完璧☆誰が入ってきても大丈夫だよ♪」

ネオ
「任務完了。配置に付く」

激しく頭の軽い、有能な騎士達が、緊張感の無い面持ちで戻ってくる。
準備は完了。





「嵐の前の静けさ」

貴様もそう思っただろう?カフィー
望む所だ。

陳腐な虫ケラ共など、我が手で微塵に砕いてやろう。
汚らしい、年寄りの掌の内などで、我々が容易く踊る訳もあるまい。


来るが良い。
この、苦痛と混沌の黒い城壁の内側へ

PR
No.218
2008/10/29 (Wed) 11:59:49

神


……我が名は……

……神だ……

1万年もの永きの時を生き、下々の愚民共を見守ってきた……

全治全能であり、森羅万象をつかさどる存在

奇跡をたやすく起こしうる存在

それが、神なり……




本日、我、神は、聖雅学院運動会にて、スプーン競争に興ずるなり…

スプーン競争は、スプーンの上にピンポン玉をのせ、それを手に持ち、ピンポン玉を落とさずにゴールする競技なり…

一般的に、学校の体育祭などで、保護者参加種目などで、良く見られる競技なり…




我は神……

奇跡を起こそうぞ……




★神の考える奇跡一覧★

1・スプーンに接着剤を。ピンポン玉落ちない!奇跡!

2・黒子使用。黒子に、ピンポン玉を持たせながら全速力(黒子だから見えないなり)黒子居るからピンポン玉落ちない!奇跡!

3・敵のスプーンとピンポン玉を細工。磁石のように、スプーンとピンポン玉が反発しあうようにする。みんなぐだぐだ。神だけ普通にゴール!奇跡!

4・全チームが女子ばかりで学院長の力を借りていた。神は1万年もの永き時を生きているお年寄りなので、シルバー待遇に、走る距離を1mくらいにしてもらう。神のコネで神素早くゴール!奇跡!



他にも、まだまだ紹介できる奇跡は沢山ある……

何?姑息で卑怯でアホらしいと、今貴様達は思ったか?
何を言うか。

奇跡とは、くだらない沢山の偶然と、くだらない沢山のニアミスが起こすもの。

人の目に、ありえない出来事とうつるものも、意外と真実はくだらないものであったりするものなのだ(にこ)

我は神。
さて、どの奇跡を起こして、絶対的な1位を頂くとしようか(にこ)
No.193
2008/09/24 (Wed) 18:28:49

イクウォル?

イクウォル・アダマスだ。

日誌の記帳は、初…いや…なんでもない(笑)

蟹が食べたい。

この前、蟹を喰いにちゃんこ屋へ足を運んだら、蟹鍋は冬季限定商品だった。
衝撃的事件。



カニ!

カニミソ!!!(笑)

以上。本日の日誌とする。
No.172
2008/08/26 (Tue) 23:02:32

イクウォル

※本日の日誌は、担当者の夏休みの過労による急病により、休載させていただきます。
次回の日誌にご期待ください。



イクウォル・アダマス
No.153
2008/07/30 (Wed) 01:05:20

イクウォル

クエスト8日目。

イクウォル・アダマスだ。

……

初めに言っておく。俺のクエストは終了している。

何故俺があれを捕まえなくてはならないのか、
学院長共にレポートを提出して貰いたい気持ちだ。

……

内容?

俺が普通に捜索し、普通に捕まえた。
以上だ。

……

機嫌が悪いだと?
…馬鹿馬鹿しい…

あれに付き合う俺の身にもなれ。



クエストが始まってからというもの、逃げる側のルクパトは、うまく逃げ隠れていた。
奴は、馬鹿げた喋り方をして、馬鹿げた服装をしているが、あれで相当に優秀な能力を持っている。

知恵も行動力もある。

…そうでなくては、俺の助手など務まらないのだがな。

そう易々と見つかりはしないだろうし、捕獲もままならないであろう事は想定内。捜索とは地道なもの、期限をいっぱいに使い、最終的に捕獲が完了すれば、それで成功と考えていたし、それ程焦りもしていなかった。

…クエスト期間中、奴から多くのメールが届いた。

『件名:大好きなイクへ★*・
 本文:おはよう!今日からクエストだねー(^^)
僕、イクに捕まえてもらえるの楽しみにして、一生懸命逃げてるからね。イクはどうやって捕まえてくれるのかな?ドキドキ★
楽しみに待ってるよぉ♪(>▽<)ノシ 』


『件名:まぁだかな???
 本文:イクは僕を探してくれてるかなぁ?僕ね、一生懸命逃げてるよ?イクに捕まえて欲しくって、一生懸命逃げてるんだよぉ!p(>△<)q
早く、つかまえて欲しいよー♪ 』

……

…みたいなメールが1日10~20通来る…



死ね。
俺が捕まえる前に死ね。



ヤル気が減退している頃に、痺れを切らしたルクパトは、わざわざメールで自分の居場所が分かる、ヒントを出してくるようになった。

見つかりたくて仕方ない割には、どうやら真面目に逃亡はしているらしい。

とりあえず、
ウザイ。最強にウザイ。



受信拒否設定完了。



と言っても、拒否っても又メールはじゃかじゃか入ってくる。
頭の冴えるルクパトの、機転の良さが何ともウザイ。

……

そんなこんなで、あまりのウザさに耐え切れそうも無い俺は、仕方なく真面目にルクパトを捜索し、捕獲してやった訳だ。

捕獲されたルクパトは、喜び勇んで号泣していた。


ウザイ。
真剣に。


今、ルクパトはお仕置き中だ。
あいつの嫌いな、服が汚れるような、こ汚い仕事を任せている。

相当嫌がっているが、なにやら喜んでいるようにも見える。
よっぽど俺に捕まりたかったのか(苦笑)


やれやれ、

罰を与え、相手に喜ばれているような俺も、またウザイな(笑)
[1]  [2]  [3]  [4
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アンケート
ブログ内検索
最新コメント
カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
聖雅学院
HP:
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]