忍者ブログ
AdminWriteComment
聖雅学院の生徒達による、何気ない日常を綴った日誌です。
No.
2017/10/18 (Wed) 16:14:30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.224
2008/11/05 (Wed) 23:58:25

イクウォル


イクウォルだ。
運動会も、すでに後半戦と言ったところ。

我々黒チームは、他チームに比べ、一点の穴も無く、全体的に高レベルによるバランスの取れたチームである。

負ける?
この俺がか?

馬鹿な(笑)

……………

一点の問題を挙げるならば、あの……赤のメンツだ。
臭い糞ジジイ共が、しゃしゃり出てきて、非常に目障りだ。

問題…いや、ただあの老い耄れ共が目障りなだけ。
我らにとって、あれが何の問題となると言うわけではあるまい。

……………

運動会など、ただの戯言。
せめて、楽しまなくては損と言うもの。
余裕を持って、高見の見物とさせて頂くとしようか(にこ)

丁度今は騎馬戦だ。
俺が、我がチームのはちまきを手にする。

さて、悠々と騎馬戦の見物でも(笑)

城から見下ろす景色。
城下では、生徒共が虫ケラのように、蠢いている。

無様に落城する組もあれば、多くの栄光(はちまき)を手にする組も存在する。

それに、一喜一憂する多くの人々。
喜びも、悔しさも、そこには存在する。

我が城は、静けさを称えていた。

まるで、外の情景から、切り離されたかのように。

窓の外から、城の中へ目を戻した。
カフィーと目が合う。

ウザくらしい、黒く深い目が、真っ直ぐこちらを向いている。
その色を目の当たりにするだけで、腹が立って、思わず腹の底から笑いが零れた。

貴様も同じか?
俺の思いと。


エトワス
「準備は完璧ヨー♪」

ルクパト
「お城の外も、中も、防御は完璧☆誰が入ってきても大丈夫だよ♪」

ネオ
「任務完了。配置に付く」

激しく頭の軽い、有能な騎士達が、緊張感の無い面持ちで戻ってくる。
準備は完了。





「嵐の前の静けさ」

貴様もそう思っただろう?カフィー
望む所だ。

陳腐な虫ケラ共など、我が手で微塵に砕いてやろう。
汚らしい、年寄りの掌の内などで、我々が容易く踊る訳もあるまい。


来るが良い。
この、苦痛と混沌の黒い城壁の内側へ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[231]  [230]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アンケート
ブログ内検索
最新コメント
カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
聖雅学院
HP:
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]