忍者ブログ
AdminWriteComment
聖雅学院の生徒達による、何気ない日常を綴った日誌です。
No.
2017/06/29 (Thu) 04:12:52

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.239
2008/11/25 (Tue) 14:02:59

マルコ

フェルッチオだ。
今、余は聖雅学院の馬場に来ている。

手入れされた芝の上を疾走する馬たちは、何とも美しい・・・
狭い敷地ではあるが、馬屋に繋いでおくよりは幾分かましであろう。

学院長、貴様等にしたら良く出来た配慮だ。
余の愛馬もそう申しておると見える。
誉めてつかわすぞ。


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

もうこんな時間か。
時の経つのは早いものだな。


・・・・・・?
顔を上げると、稍々離れた所に人影があった。

・・・スィベル・マークス。

「貴様も馬が好きなのか?」と問おうとしたが・・・やめた。
同じ時を共有し一つの物を愛でていた、云わば同志であろう事は瞭然だ。


まさか貴様と趣味が合うとはな・・・(嘲笑)

馬術の心得があるなら、勝負を申し込むか?
スィベル・マークス・・・自信があるなら余を見返してみよ(笑)



書記
マルコ=フェルッチオ
PR
No.222
2008/11/03 (Mon) 11:18:05

マルコ


フェルッチオだ。
運動会か・・・
民間人の道楽だと思っていたが・・・中々面白い事を考えるではないか。

フン・・・気に入った(笑)
余も戯れ事に付き合ってやるとしよう。


今週の競技は『騎馬戦』。
普通のルールとは違い、学院内にあるチームの敷地内で待機している生徒のハチマキを奪ったら勝ち・・・か。

つまり、余からこのハチマキを奪うと・・・そう云うのだな?


フフフ・・・ハハハハハ!!!
実に滑稽だ!!

我がチームの顔ぶれを見よ!
攻め・守りにおいて、劣るとこなど存在しない。


他チームの者共よ・・・貴様らの腕前、存分に見せて貰おうぞ(嗤)



書記
マルコ=フェルッチオ

No.204
2008/10/09 (Thu) 11:22:09

マルコ


・・・ここが聖雅学院か。

カフィーがここにいると聞いたから来て見れば・・・何とも小さい建物ではないか。

余の国に仕えれば、この程度の建物くらいいくらでもくれてやろうと云うのに。

・・・まあ、あの男が在籍をする程の学院だ。
さぞ興味深い授業をしているのだろう。
期待しておく(笑)


しかし・・・狭い敷地内とはいえ、あの男を捜すのは苦労しそうだな。

・・・・・・何だ?
・・・木の下で本を読む生徒?奴がカフィーだと?
愚鈍をぬかすな。
カフィーは、あんな小僧ではない。



名乗り遅れた。
余は、マルコ=フェルッチオと云う。
周りの者は「太子」と呼ぶ・・・貴様等もそう称して構わん。


それにしても、この聖雅学院とやらは中途入学をした生徒に案内も付けんのか?
馬を繋ぐ者も一向に現れる気配がない。

・・・招いておいて無礼にも程がある。
責任者は何処だ!学院長を呼べ!!



書記
マルコ=フェルッチオ

≪前のページ  | HOME |
[1]  [2
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アンケート
ブログ内検索
最新コメント
カウンター
バーコード
プロフィール
HN:
聖雅学院
HP:
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]